忍冬の道草日記

長い人生、落ち込むこともあるけれど、 ドンドン歩いていきましょう。 道草を楽しみながら。

遠足

周南市徳山動物園♪

周南市美術博物館と国道2号線を挟んで向かい合うように周南市徳山動物園があります。
2月の末でしたがこの日はよく晴れたポカポカ陽気
園内は子供たちでいっぱい

その間を縫うように動物たちとあってきました。

まずはマレーグマのツヨシにご挨拶。
この日は有名な頭を抱えるポーズはしていませんでしたが
足の裏をしっかり見せてくれていました

どうやって登ったの

ツヨシ



ツヨシ君昨年の8月に29歳になったそうです。
もうすっかりおじいちゃん(なのかな)
いつまでも元気でね

ツヨシー2



こちらはキリンさん。

キリンさん



こちらはぞうさん。
動物園の2大スターだと思います

ぞうさん



ここはしばらくぞうさんがいなかったんです。
周南出身のまどみちおさんの歌碑だけを見て帰ったこともありました。

ぞうさん歌碑



コツメカワウソのご夫婦
赤ちゃんは別室でお昼寝中でした

コツメカワウソ



子供たちの笑顔と歓声があふれる動物園。
一人で歩き回るおばさんは・・・
それでもとっても楽しかったです。


おまけを一つ。
国道を渡る地下道はセンサーがついていて人がとおると
「ぞうさん」のメロディーが流れます
壁にはモザイクの動物が。
一番かわいかったワニさんをご紹介

ワニさん



ここのマンホールはサルビアですね。
サルビアは周南市の市花だそうです。
2003年に徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町合併によって
「周南市」が誕生しましたが、このマンホール「とくやま市」だ

マンホール



小さな小さな旅を終えて、新幹線で帰ります。
また来るね、しゅうにゃん市

新幹線2017




 

2月のある晴れた日に♪

冬の間は寒さに耐えてこたつむり状態でしたが
2月のある晴れた日曜日、久々のお出かけ

今回は新幹線が関門トンネルをくぐってやってきます。


関門トンネルと新幹線
 


そうです。今回は東へGO
降りたのは徳山駅。
市の名前は周南市・・・えっ、しゅうニャン市
なんだ、そりゃ


周ニャン市
 


構内にスイーツデコの作品が展示されてました。


デコボート



デコボート-2



なんでこんな展示があるかといえば、作家の渡辺おさむさんが周南出身だから。
それにしても変わったボートです。
「徳山ボート」で使われるレース用のモーターボートです。

プラレールもおいしそうにデコられてました


デコプラレール



それはそうと、なぜ徳山まで来たかというと、周南市美術博物館で開催されていた
「斎藤清の世界」展を見に来たのです。
たくさんの版画の作品を堪能しました
本物の迫力はすごいですね。
いや~、眼福、眼福

カフェでこんなかわいいラテをいただきました



サクランボラテ

 

心とお腹が満たされたところで、向かい側にある動物園に向かいました。
動物園の様子は次回に 

またまた少し前のお話♪

もうそろそろ1年が過ぎようとしていますが
2014年の大型連休の初日、博多に行ってきました。

 いつもは新幹線で行くのですが、この日は小倉から特急列車で


mt博多2



白いソニックです。日豊本線を走る特急です。


mt博多4



列車内には大分の県産品も展示されています。


mt博多5



mt博多6



旅の楽しみはこれですね。
新幹線では時間が短いのでめったに食べられない駅弁です。
レトロな包み紙にひかれてつい買ってしまいました


mt博多



中はこんな感じ
まさに駅弁


mt博多3



今回の博多行きの目的もマスキングテープでした


mt博多7



mt博多8



mt博多9



連休とあって会場は大変な人込み
買い物をするのに2時間くらい並びました。
もう2度と来ないと思った人もいるよねきっと・・・
会場がこれだけの人の来場を想定していなかったとしか思えない対応でした。
ちょっと残念


mt博多11



mt博多10



屋上を走るミニ列車も今日はmtでおめかし


mt博多12



大変だったけど、楽しい一日でした


mt博多13



博多限定テープ。
あまおうや中州の屋台、博多の方言など、面白いでしょ。


mt博多14



つばめの杜ひろば限定テープ。
くろちゃんが可愛いです。


mt博多15



mt博多16



 

mt ex. KUMAMOTO 2013

前回の続きです。
熊本に来た1番の目的、mtのイベントです。


mt 熊本



会場は「早川倉庫


mt 熊本2



mt 熊本3



mt 熊本18



mt 熊本17



おなじみのミニクーパーもちゃんと来てます。


mt 熊本4



ブロック塀もおめかししています。


mt 熊本5



mt 熊本7



フォークリフトもおめかし。


mt 熊本6



mt 熊本8



mt 熊本13



mt 熊本9



mt 熊本10



2回の展示スペースはこんな素敵な空間になっていました。


mt 熊本12



mt 熊本11



mt 熊本16



mt 熊本14



mt 熊本15


タイムスリップじゃあるまいし・・・♪

ずっとご紹介しようと思っていた写真があって。
そうなんです。
すぐにでもここに乗せようと思っていた写真があって。

気が付けば3年が過ぎていました。
楽しい思い出なので時間を少し巻き戻して(無理、無理

しばらくお付き合いください。

先週のブラタモリ(NHK)を見ていたら、熊本の町をブラブラ。
あれ、この景色は見覚えが・・・

これこれ、これですよ。



熊本



あんたがたどこさ、くまもとさ、くまもとどこさ、せんばさ

洗馬川にかかる洗馬橋です。
柱の陰から狸の親子がちらりと見えますね。
ここは電停。
こんな電車が走っています。


熊本2



熊本3



そうここは熊本。時は2013年3月17日。
まさに春、桜も咲いています。



熊本17



この桜の向こうには熊本城が見えるはずです。


mt展(マスキングテープです。またもや)が開催されるということで
はるばるやってきたのです。

mt展の様子はまた改めて。

熊本の町はちょっとなじみのあるところ。
それでも、ずいぶん変わってしまった。
中でも駅はまるで以前の面影がない。
新幹線が通るからねえ。
もちろん今回は九州新幹線に乗って来ました。
新下関から最短で1時間ちょっとです。
いやあ、近くなったものです。


熊本4



駅の通路にはJR九州のキャラクター「くろちゃん」が「おてもやん」の歌詞とともに。


熊本6



熊本11



熊本12




壁には展示スペースが設けられ、熊本の郷土玩具が並んでいます。


熊本7



熊本8



熊本9



熊本10



お昼ご飯は「熊本ラーメン こむらさき」で。


熊本16



熊本15



ティータイムは洋菓子の「スイス」で。
どちらも懐かしいお店です。


熊本14



今年の選抜甲子園、熊本の秀岳館高校が出場していますが
この年は済々黌高校が出場していたんですね。


熊本5



もう3年もたったなんて・・・
どんどん置いてけぼりにされそうです。
気を引き締めなくちゃ


熊本13

道の駅 きらら♪

山口市阿知須の「道の駅 きららあじす」に行きました。
(すみません、昨年の話です

2001年開催の「山口きらら博」の会場だった「きらら博記念公園」のそばにあります。
地元のお野菜や特産品のほか新鮮なお魚も買うことができます。


道の駅きらら




阿知須特産の一つが南瓜。
ここでは「かぼちゃソフト」がいただけます。
なんだか元気が出る色でしょ
揚げたてのかぼちゃコロッケも美味しかったです


かぼちゃソフト




道の駅からさほど遠くないところに白壁の街並みがあると聞いてさっそく行ってみることにしました。

江戸時代後期から明治時代にかけて廻船業で栄えた阿知須。
昔は茅葺や藁葺の家が密集しており、人々は大火に悩まされていたそうです。
このため廻船業の人たちは瓦葺の屋根、漆喰で塗り固めた大壁、泥戸等
防火機能に優れた建物を建てたとのことです。
この建物は「居倉造り」と呼ばれていて、美しい街並みを今でも見ることができます。


居倉




白壁




白壁2




白壁3




白壁4




明治17年に建てられた旧中川家。
現在は「阿知須いぐらの館」として一般公開されています。
が・・・なんとこの日は休館日


白壁5




門の外からお屋敷の様子を拝見することしかできませんでした


白壁6




白壁7



帰りは、また道の駅に戻ってお土産を探すことに。
やはりここは「かぼちゃ」でしょ
ということで阿知須特産「くりまさる」南瓜を使ったお饅頭を買いました。
その名も「くりまさるくん」
美味しくいただきました


くりまさる君

山の雑貨屋さん♪

ロバの本屋で買ったマステの本に、県内の雑貨屋さんが紹介されていました。
これは行かねばなりますまい
ということで出かけてみました。

山口県長門市日置にある「雑貨カントリーキッチン」さんです。
場所は北長門海岸国定公園の千畳敷に行く途中の山の中腹。

迷子になりませんようにと祈りながらやってきました。


駐車場



自然に囲まれた雑貨屋さんです。
中は可愛い雑貨がいっぱい。


カントリーキッチン




こちらは子供たちのためのプレイルームのようですがこの日は閉まっていました。


カントリーキッチン2



別棟の展示室では達磨ストーブが温かく迎えてくれました。


カントリーキッチン3



外に出ると風車が目の前。
このまま山道を登っていくとカントリーキッチンさんのカフェがあります。
この日は時間がなくていけませんでした。
冬は不定期でお休みになるそうなので要注意
暖かくなったら行ってみようと思います。


風車



お土産は2種類のスコーン
おうちに帰って暖かいミルクティーといただきました。
美味~


スコーン


大正ロマン昭和モダン展♪

山口県立美術館に行ってきました。
開催中の展示は「大正ロマン昭和モダン展 竹久夢二とその時代

実は自分で運転して山口市街まで行くのは初めて。
しかも午前中の予定がずれ込んで出遅れてしまいました
慣れない道をノロノロと地図を頼りにドキドキ運転
この際時間は気にしないことに。
目標に到達することが大事だもん


無事に到着したけどなんだか微妙な時間だ~

と、ここで娘がひとこと。
「ミュージアムショップだけ見れればいいよ~
あっ、そうですか、安心しました(いいのか、それで



美術館




まずは腹ごしらえです。
お昼抜きでやってきたのでお腹はペコペコ。
時間的にはおやつなんですけどね。

美術館では特別展に合わせて特設カフェが設けられています。
今回は「カフェー 大正亭」がオープン


ビーフスチューセット(シチューじゃないんだあ)を頂きました。
お肉が柔らかくておいしかった~

ビーフシチュー



お腹もいっぱいになって予定通り(?)ミュージアムショップの探検開始
ショップは紙を中心にしたセレクト商品などが並んでいます。
みているだけで楽しい

もちろん、今回の展示に合わせた商品もありましたよ。

両手に持ち切れないほど買い物をしている娘がうらやましくなって
こんなものを買っちゃいました。


サイダー



食事も買い物も済ませたし(デパートに来たんじゃないぞ~
暗くならないうちにお家にたどり着きたいから急ぎましょうね。


外に出ると美術館入り口に銀杏の木があることに気が付きました。
葉はほとんど落ちていましたが、立派な姿ですね。
銀杏の黄葉を見ると聞きたくなる曲があります。

かぐや姫の「眼をとじて
懐かしいなあ・・・


イチョウ


今回の教訓「時間に余裕を持って行動しましょう」

長府散策♪

3連休の中日、天気予報は芳しくありませんでしたが
なんだか青空が広がってきたので思い切って出かけることにしました。
午後からは予定があるので午前中のみ。
久しぶりに長府の城下町を散策してきました。

下関市長府は毛利のお殿様がお城を構えていたところ。
お城は一国一城令によって取り壊され、今は石垣しか残っていませんが
町の中には数々の歴史遺産が残されています。

でも、今回の目的は紅葉狩り~
時間も限られているので紅葉だけをチャッチャと見て回ります

まずは長府観光会館に車を止めて(長府は駐車場が少ないんです)。
あとは歩いていきますよ、散策ですからね。
ついでに「散策マップ」をもらって準備は万端

ていうか、見知った土地なので地図はいらないんだけど
ここは観光客になりきって行きましょう



長府観光センター



マップ




さてと、一番距離がある「覚苑寺」を目指しましょうか。


かくおんじ




覚苑寺は毛利家の菩提寺の一つです。
このあたり一帯は古代に「長門鋳銭所」が置かれていたところでもあり
古代の貨幣「和同開珎」の鋳造にかかわる遺物が出土しています。



かくおんじ紅葉



かくおんじ紅葉2



かくおんじ紅葉3



かくおんじ紅葉4



かくおんじ紅葉5



かくおんじ紅葉6




覚苑寺から功山寺を目指します。
途中、武家屋敷跡の土塀や長屋門が続きます。



長府土塀




住む人を失った屋敷跡の土塀にはつる草が絡まっているところも。
そんな中に紅いハゼランの実を見つけました。


ハゼラン




そろそろ功山寺が近づいてきました。



功山寺




功山寺は鎌倉時代創建の曹洞宗のお寺です。
唐様建築の仏殿は国宝に指定されています。
また幕末には高杉晋作が挙兵したところとしても有名です。



功山寺総門から山門に向かいます。

功山寺紅葉5



功山寺山門(下関市指定文化財)

功山寺山門




功山寺仏殿(国宝)
現在「国宝仏殿開扉と秘宝展」が開催されており
たくさんの方が参拝されていました。

功山寺仏殿



下関市立長府博物館

長門鋳銭所出土の和同開珎関連資料や、幕末・維新の資料が多数保管・展示されています。

長府博物館



功山寺紅葉



功山寺紅葉2



功山寺紅葉3



功山寺紅葉4



功山寺紅葉6



功山寺紅葉7



功山寺紅葉8



功山寺の総門を出たところでぽつぽつと雨粒が落ち始めました。
そろそろ戻る時間かな。


観光会館に戻る途中「長府毛利邸」に寄り道。

ここは明治時代に建てられた毛利家の邸宅。
お庭がきれいなんですが・・・

時間がないので入り口から写真だけ撮らせてもらいました。


毛利邸紅葉



毛利邸紅葉2



こうして約2時間の散策終了

観光会館でお土産を買って帰路につきました。
御飯がすすみそうでしょ


ふくわかめ



おまけのお話をひとつ。
観光会館のすぐ横を流れる壇具川。
夏にはホタルが見られます。
川面をぼんやり眺めながら歩いていたら
目の前を黒い影がかすめていきました。
あわてて眼を向けると一羽のカラスが両足で
でっかいカニをつかんで飛び去る姿が飛び込んできました。
う~ん、ぱっと見ワタリガニみたいなフォルムだったけど・・・
まさか魚屋さんから失敬してきたんではあるまいね。

などと思った次第です。
証拠写真がないので説得力ないけど、ほんとのお話


ちょっとそこまで♪

先週末、所用で北九州へ。
下関から門司を経由して門司港へ。

下関駅は火事で駅舎の半分が焼けて以来仮駅舎のような状態でしたが
本格的に改修工事が始まっています。
完成予想図を見ると素敵な駅舎になりそうです。楽しみ~♪


下関駅のホームには「 みすゞ」さんがいますよ。

下関駅



ホームにある洗面台。昔はもっと長かったはず。
寝台特急の乗客が利用していたように思います。
その頃は駅のホームから見える大洋漁業(マルハ)の工場に
大きなクジラの看板が掲げられていました。
下関では機関車の付け替えが行われるため停車時間が長かったんです。
九州と本州で直流と交流が変わるから。
どっちがどっちか忘れちゃった
寝台特急もどんどんなくなって寂しいです。

下関駅2



門司港駅も長期の補修工事に入りました。
ホームの雰囲気は相変わらずいい感じ

門司港駅3



九州の鉄道の起点であることを示す「0哩標」

門司港駅2


列車の安全運行を祈念する「安全の鐘」

門司港駅



大正14年に建設された門司港駅は重要文化財に指定されています。
今年から5年かけて改修工事が行われます。
しばらく見られなくなります。

北九州にはやはり大正時代に造られた折尾駅があります。
こちらは駅周辺の開発事業に伴ってもうすぐ解体工事が始まるそうです。
ちょっと残念ですね。


折尾駅



折尾駅2



折尾駅3



折尾駅4


実は駅周辺はすでに工事の影響で迷路のようになっていて
かなりの時間迷子状態でした
やっと駅舎に出会えて、どっと疲れました。
駅前のミスドで一休み。
ヤマブドウのスカッシュ、美味しかった~

ミスド



お土産はやっぱり「かしわ飯」
ごちそうさまでした。
いつ食べても美味しい

かしわ飯2



かしわ飯

QRコード
QRコード
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ