忍冬の道草日記

長い人生、落ち込むこともあるけれど、 ドンドン歩いていきましょう。 道草を楽しみながら。

遠足

島根県立美術館♪

カラコロ工房から県立美術館までは10分たらずのバス旅です。
「島根県立美術館」は山陰地域最大の規模を誇る美術館です。
なるほど大きいですね

松江2018美術館1


この日は「大名茶人 松平不昧」展の最終日。
なんとか滑り込んで鑑賞できました。
NHK「日曜美術館」の放送を見て、ぜひとも見たかったんですが
「松江は遠いなあ」とあきらめていました。
まさか最終日に間に合うなんて、これも「ご縁」でしょうか。
さすが縁結びの地「出雲」

松江2018美術館3


展示室の入り口でもらったのはパンフレット、と思いきや
これシールになっているんですよ。
一緒にもらった「ぼくのわたしの雲州蔵帳」にお気に入りを貼ることができるんです。
「雲州蔵帳」というのは、松江城主 松平不昧(松平治郷)が収集した道具の目録です。
「ぼくのわたしの雲州蔵帳」では「不昧さんのお宝ノート」と表現されていました

私のお気に入りは真ん中の「国宝 大井戸茶碗 喜左衛門井戸」
実物は何とも言われぬ貫禄がありました
まさに眼福

松江2018美術館11


さて、お茶道具の名品を堪能したところで、本日のまさにメインイベントへ
ここ島根県立美術館は宍道湖の湖畔に建っていて、宍道湖の夕日の鑑賞スポットの一つ
無料で入れるロビーからも夕景を楽しむことができます。
併設のレストランでは食事とともに夕日を見られるんだとか。
美術館の開館時間は10月~2月は10:00~18:30ですが
3月~9月は10:00~日没後30分となっています。
ホームページには日没カレンダーも載っています
今年は一番遅い閉館時間が6月末から7月初めの19:57となっていました。
日没は19:27なんですね。
この日は17:11の日没予定です。

松江2018美術館2


ロビーの椅子でゆっくりしようかとも思いましたが、せっかくなので外に出てみることに。
みんな夕日を見に来てるんですね。

松江2018美術館4


宍道湖をめぐる遊覧船。

松江2018美術館5


シルエットの遊覧船も素敵です。

松江2018美術館7


宍道湖に浮かぶ唯一の島「嫁が島」

松江2018美術館6


だんだん日が沈み始めました。

松江2018宍道湖夕陽


松江2018美術館9


松江2018美術館8


松江2018宍道湖落陽


ず~とみていられる景色でした。
どこかでジャズの野外ライブが行われていたみたいで、演奏をバックに夕景を楽しみました。

美術館のチケットも夕景ですね。
そうそう、ここもJAF特典があったんですよ。
入館料2割引きでした

松江2018美術館10


日も沈んであたりはすっかり暗くなりました。
時刻は午後6時前、今から駅に戻って同窓会開始までお土産を選ぼうと思います。
久しぶりの再会にドキドキ
では本日はこれで失礼します。

松江城界隈♪

風土記の丘前のバス停から松江城まではバス1本でいくことができます。
バスは市営バスと一畑交通バスがあって利便性は高いように見えました。
お城は県庁のすぐ近くです。

このレトロなバスは「ぐるっと松江 レイクライン」。
これに乗れば松江を一通り観光できるみたいです。
車内では明治から昭和初期の松江の風景写真が上映されています。
今の風景と見比べるのもたのしいですね。

松江2018バス


県庁前でバスを降りるともう目の前にお城が見えます。

松江2018松江城1


紅葉も少し始まっています。
お堀の水に映った姿もきれいです。

松江2018松江城2


水鳥がゆっくりと泳いで波紋が広がっていきます。

松江2018松江城3


国宝の文字がひと際光りますね
松江城が国宝に指定されるまでの経緯はこちらのWEBページが詳しくわかりやすかったです。
「松江城が国宝に指定されるまでの歩みと今後の活用」
特に、長年保管されていた「祈祷札」が天守の柱にぴったり合ったことが、指定の決め手になったなんてちょっと感動

松江2018松江城4


旧国宝から重要文化財、そして2015年の国宝指定。
こちらがその松江城天守です。
現存する国内12天守の中では面積が姫路城に次いで2番目、
高さは姫路城、松本城に次いで3番目なんだとか。
どっしりと落ち着いた立派な天守ですね。
この日は晴れていたので天守が青空に映えて素敵でした。
別名「千鳥城」と呼ばれるそうです。

松江2018松江城


菊の展示もありました。
秋ですねえ
左側のほうは山を表現しているのでしょうか。


松江2018松江城5


お堀のふちにしまねっこがたくさん
灯篭でしょうか。

松江2018松江城6


お城の近くのバス停からはちょうどいいバスの便がなかったので
少し歩いてカラコロ工房前のバス停まで行きました。
ここは「レイクライン」のバス停です。

カラコロ工房は旧日銀松江支店の建物を修復した体験型の工芸館です。
シルバーアクセサリーや彫金、お香づくり、和菓子作りなど色々体験できるそうです。

松江2018カラコロ工房1


館内にはレストランやベーカリーもあるそうです。


松江2018カラコロ工房2


松江2018カラコロ工房4


どっしりとした建物ですね。
地下にあるギャラリーは金庫室だったところらしいです

松江2018カラコロ工房3


松江2018カラコロ工房5

堀川沿いの街並みもいい感じですね。

松江2018堀川沿い


堀川めぐりの船もここから乗ることができます。


松江2018堀川沿い2


バスはまだ来ないかなあ・・・。
カラコロ工房、ゆっくり見たかったなあ。
そうそう、カラコロ工房のカラコロは下駄の音からきているそうです。

明治のころ、当時は木橋だった松江大橋を渡る下駄の「カラコロ」と響く音に
小泉八雲が深く心をひかれたというエピソードに由来するそうです。

あっ、やっとバスが来た。
これから美術館へ行きますよ。
本日最大のイベントがまっていますから













松江駅から風土記の丘を目指します♪

旅の続きです。
お腹もいっぱいになってきたので今宵の宿を確認に
駅の近くだしすぐにわかるよね、と思ったらちょっとわかりにくくて焦りました
だって真ん前にこんなお店が・・・

松江2018宿


宿の入り口はこの奥でした
いや、何度かこの辺りを行ったり来たりして、完全な不審者だったと思う
よく見るとこのお店ホテルの一角でした。
朝食付きのプランだと、ここで朝食バイキングなんだそうです。
旅慣れない私は、この外観に惑わされて20分ほど時間を無駄にしてしまいました
やれやれ、先が思いやられるぜ

気を取り直してまず向かうのは「八雲立つ風土記の丘」。
出雲に来たらまずその歴史を訪ねなければ・・・
「出雲国風土記」で語られる「国引き神話」の舞台となる「意宇(おう)」と呼ばれた地。
そこに「八雲立つ風土記の丘」があります。
その一帯は数多くの古墳が築かれ、埴輪をはじめたくさんの出土品が見つかっています。
「展示学習館」という展示施設もたっています。

さあ、張り切っていきましょう。
バスの時刻も行先も下調べはバッチリです

ところが、ここにも思わぬ落とし穴が・・・
松江駅前はバス乗り場が山ほどあって、どこから乗るのかわからない。
勇気を出して声をかけた地元の方に聞いてもわからない。
その方が親切に観光案内所を教えてくれて、やっとバスに乗れました。
バスに乗ったらこっちのもんさ
目的地はすぐそこです。
案内板が見えてきました。

松江2018風土記の丘1


シカだあ・・・
しかも、弓矢で狩られていないかい

松江2018風土記の丘2


着いた~
綺麗に整備されていますね。
子供たちが楽しそうに遊んでいました。

松江2018風土記の丘3


あまり時間がないので大急ぎで展示館へ。

松江2018風土記の丘4


館内はフラッシュを使わなければ撮影OKという寛大さ
でも、そういわれてもなかなかとれないものです。
ああ、案内板にいたのはこの鹿ですね。
「見返りの鹿」と呼ばれているこの埴輪、ちょっと珍しいポーズをとっています。

松江2018風土記の丘5


こちらはウマの埴輪たち。
「おーいはに丸」の「ひんべえ」だあ

松江2018風土記の丘6


鹿もいいけど馬も可愛い

松江2018風土記の丘7


たくさんの展示品がありましたが、本当に駆け足でもったいなかった。
できればリベンジしたいですね。

でも、ここではうれしいことがありました。
受付で入館料を払うときに「JAF特典あります」という表示を見つけて
「あの~、JAFの会員証あるんですが・・・」
「はいはい、でもね、大した特典じゃないんですよ。絵葉書なんです。」
それ、大した特典だから
なんて幸せなんでしょ
こちらがその特典の絵葉書です。
1枚じゃなくて、なんと3枚セット
スキップしながらバス停に向かいました。

ちなみにここの入館料は300円でした

松江2018風土記の丘8


次は「国宝 松江城」を目指します。














松江を目指して出発進行♪

11月のある晴れた日、松江に出かけてきました。
下関から松江までJR山陰線で海沿いを一直線・・・だったのは昔の話
「特急まつかぜ」や「特急いそかぜ」もずいぶん前になくなって
益田までは普通列車しか走ってないみたいなんです。

乗換案内などのアプリで調べると、広島まで新幹線でいって高速バスに乗るのをおススメされます
もしくは岡山から伯備線経由で松江に行くコース・・・
なんで海沿いの線路一本でつながってるところに行くのに、山の中を行かにゃならんのだ

というわけで今回は新幹線で新山口まで行って、そこから「特急スーパーおき」に乗り継ぐことに。
山陽新幹線、山口線、山陰線とつづく旅程です
やっぱり山の中を走るんですが

新下関駅に着くと、出発まで少し時間がありました。
待合室の椅子に座っているとテレビから胸躍る声が流れてきました。
なんとNHKニュースで財津和夫さんのインタビューが
復活した財津さんの声がきけるなんて、喜び以外の何ものでもない
しかもツアーライブのリハーサルやライブの映像もちょこっと流れました。
なんだか幸先の良い旅立ちの朝です

ウキウキしながら、こだまにのって新山口へ

松江2018新幹線1


松江2018切符


新山口駅では一時間弱の待ち時間があります。
駅の南北連絡通路に2015年に完成した「垂直庭園」を見に行きました。
壁面が約140種の山口の植物で彩られています。

松江2018新山口1


こちらが「垂直の庭」の植物リスト。
手がけたのは植物学者のパトリック・ブランという方です。

松江2018新山口2


松江2018新山口3


キシツツジの花が咲いていました。
本来は5月ごろ咲く花ですが、暖かい日が続いたので開花したようですね

松江2018垂直庭園


新山口駅の在来線ホームは本当に久しぶり。
日曜日なのでSLやまぐち号が運行される日ですが、朝早いので姿を見ることはできませんでした。
米子行きの「特急スーパーおき」に乗ります。
2両編成なんですね。

松江2018特急


ちょっとレトロな列車です。
山口線に乗るのは20数年ぶり、ワクワクしますね

松江2018新山口4


車体には鳥取の名産二十世紀梨のデザインが施されています。

松江2018新山口5


新山口駅から湯田温泉駅を経て2つ目の停車駅山口です。
今年は維新150年ということでいろんなイベントが開催されています。

松江2018山口


山口線は山の中をトコトコ走ります。
とても特急とは思えない速度
国道9号線に沿って島根県の益田までの路線です。

松江2018山口線


リンゴの里徳佐を過ぎたらあっという間に島根県。
津和野に到着です。
遠くに見えているのは太鼓谷稲成神社。
今話題の山口県長門市の元乃隅稲成神社はこちらから分霊されたそうです。
だから同じように「稲荷」じゃなくて「稲成」なんですね。

松江2018山口線津和野


旅行ガイドなどで「萩・津和野」とよく紹介されますが、萩は山口県、津和野は島根県。
しずかな城下町です。

松江2018津和野2


しばらく山の中を走って益田につきました。
ここは山口線と山陰線が交わるところ。
山陰線沿いの西のお隣が山口県萩です。
益田は島根県の西の端、松江は細長い島根県の東の端。
まだまだ列車は走ります。

松江2018山口線益田


いままで山の景色でしたが、山陰線に入ると車窓の眺めは一変します。
青く広がるのは日本海。
窓ガラス越しの写真がもどかしい
実際はこの何倍もきれいです。
本当にずっと眺めていられます

松江2018日本海


松江2018日本海2


松江2018日本海5


ここは波子駅、波子とかいて「はし」と読みます。
小さな駅ですが特急が停車するわけは・・・アクアスの最寄り駅だから
「しまね海洋館アクアス」ではシロイルカのバブルリングが見られます
白戸家の「島根のおじ様」がいたところってわかるかな

松江2018波子


このあたりは赤瓦の街並みが広がっています。
海の色との対比がきれいですね。

松江2018江津


だんだんゴールが近づいてきます。
ここは大田市駅。
世界遺産の石見銀山の最寄り駅。
といっても銀山は山の中、かなり距離がありそうです。

松江2018大田市


見えてきたのは日本海・・・ではなくて宍道湖です。
宍道湖は日本で7番目に大きな湖で、宍道湖七珍と言われるほど魚種が豊富な汽水湖です。
なかでも有名なのはシジミですね。
しばらく宍道湖に沿って列車は走りますって車掌さんのアナウンスがありました。

松江2018宍道湖


はるばる来ました。松江です。
家を出てから5時間半
今回の旅の目的は夜7時からのミニ同窓会です。
開会まで約6時間、せっかくなのであちこち行ってみようと思います。
お天気もいいし、宍道湖の夕日も期待大ですね

松江2018松江駅


と、その前にこのペコペコのお腹を何とかしなければ
駅ナカにあるお店。
出雲にきたら出雲そばは外せませんよね

松江2018出雲そば


割子蕎麦をいただきました。
小さめの丸いお重が三段。
そばつゆを直接かけて薬味を乗せていただきます。
一段目に残ったそばつゆは二段目に、さらに三段目にとかけまわしていくそうです。
蕎麦湯もついて美味しくいただきました

松江2018出雲そば2


今回はここまで。次は松江を歩き回ります。

















松江に行ってきました♪

先日松江に行ってきました。
島根はお隣の県ですが、松江は島根の東端。
わが家からはなかなかの距離感・・・
実際の距離より心理的な距離感が半端ないです
5時間半かけて行ってきました

詳しい旅日記はまた後程

駆け足の旅でしたが楽しかったです。


国宝 松江城

松江2018松江城


宍道湖の夕陽

松江2018宍道湖夕陽


陽が沈んだ後も素敵です。

松江2018宍道湖落陽

旧下関英国領事館♪

昨日はバスでお出かけ
下関の唐戸は唐戸市場で有名ですが、周辺にはレトロな建築物がたくさん残っています。
旧下関英国領事館もその一つ。今年で竣工から111年だそうです。
1999年には重要文化財に指定されました。
保存修理・補強工事のため一時閉館していましたが2014年に再開館。
リニューアルしてからは初めての見学です


英国領事館2017-3


英国領事館2017-4


英国領事館2017



英国領事館2017-2


この部屋は当時、文書室及び待合室だったそうです。
今は大きなビルが視界を遮っていますが、当時は海が見えていたんじゃないかな。

英国領事館2017-9


各部屋には素敵な暖炉が。
少しづつデザインが違うみたいです。

英国領事館2017-12


ここが領事室。
椅子に座ることもできるので、領事の気分が味わえるかも

英国領事館2017-11


照明も可愛いですね。

英国領事館2017-10


ベランダに出ることもできます。
この窓ガラスの中には古いガラスが数枚残っているそうですが
今回は探すことができませんでした。次リベンジします

英国領事館2017-5


英国領事館2017-6


英国領事館2017-7


ショップもあります。
中に入ると英国がいっぱい

英国領事館2017-8


2階にはレストランもあります。
今度はランチに来たいと思います。
ランチのメニューは「ピーターラビットのキッチンガーデン」
聞いただけでワクワクします
















新しいお店ができたらしい♪

豊北町に新しい文房具屋さんができたと聞いて行ってみることにしました
文房具と紙を扱う小さなお店らしいです
地図を眺めてルートを考えます
やっぱりまずは腹ごしらえよね

というわけで →菊川→豊田→豊北→豊浦→とほぼ下関市一周コースに決まり
ただほとんどで走るだけですけどね

まずは菊川町「道の駅きくがわ」で早めのお昼ごはん
この日は暑かったので冷たい麵にしました

サラダ風きく芋麺

菊芋麺2017


お腹いっぱい
100円野菜も買って、おやつの天ぷらも買って、いざ出発
途中の豊田町「道の駅蛍街道西ノ市」は相変わらず満員。
ここは温泉もあって人気の道の駅だそうですが、なかなか駐車場の空きがありません。
いつも横目で眺めて通過します
豊田町から豊北町へは山道です。
途中つづら折りの急カーブとかあって緊張しますが山の新緑がきれい
あちらこちらで道路工事中でした。
急カーブの解消かしらね。
でもこんな道で片側交互は正直いやだなあ
前を行く車や対向車は県外ナンバーが多かったです。
目指すお店はもう少し先ですね。

山々2017


風力発電の大きな風車が見えてきたらお店はもうすぐ、のはずです。

あっ、ありました、ここです、ここです。
つつみ舎」さん。
もとはタクシー会社の事務所だったそうですよ。
そのためか駐車スペースはたっぷりありました

つつみ舎2017


お店の中には輸入文房具やきれいな紙物が並べられていました。
喫茶コーナーもあります。
山の中の小さなお店
キツネの子供が小さな手に硬貨を握りしめてお買い物に来そうです
お母さんギツネは遠くから心配そうに見守ってるんだよね

お店の裏山でタケノコがすくすく成長しています

タケノコ2017


もう食べられない

ノバラも咲いていました。

ノバラ2017


店がある田耕(たすき)から特牛(こっとい)を目指します。
もうすぐ海です
せっかく特牛まで来たので角島に行ってみることにしました。
大型連休の時は大渋滞であきらめましたが、この日は割とすいすい
運転中は写真撮れないので写真はないです。
昔の写真を貼り付けました

角島大橋


角島大橋2


帰りは「道の駅北浦街道ほうほく」によりたかったけど駐車場が満杯で断念
ここ、いつも満員なのよねえ。
しょうがないのでわが家を目指します。
家に帰りつくとまだ3時前。
おやつを食べてのんびり

このところ休日も家でゴロゴロすることが多かったのですが
久しぶりに山や海の景色を満喫しました。
いい休日になりました

お土産は、つつみ舎さんで見つけた可愛いクリップです。
(100円野菜もあったんだ車に積みっぱなしでした

お土産2017


クリップ2017





大型連休♪

大型連休2日目、久しぶりに汽車に乗ってお出かけしました
お隣の北九州市へ。


鹿児島本線の起点、門司港駅。
813系電車がたくさん並んでます

門司港2017-2



今年はJR発足30周年。
国鉄なんて知らない世代もいますよね、きっと。
ましてや「国鉄スワローズ」なんて知らないよねえ。

草で隠れて見えないけれど「安全の鐘」と書かれています。
JR九州発足を記念して作られたそう。


門司港2017-3


門司港に来たらやはり駅舎をお見せしないわけにはいきませんが。
いま大掛かりな保修工事中で白い覆い屋に包まれています。
来年にはきれいになってお目見えする予定です。
後で知ったのですが、覆い屋は見学デッキも兼ねていたらしく
工事の様子が見られるそうです。
残念なことをしました。

さて、今日の目的地はこちらです。

門司港2017


この駅の花壇のお世話をしてくれているらしいです。
門司港駅からバスで向かいます

白野江植物公園は、子供のころは「四季の丘」と呼ばれていました。
遠足で行ったり、お花見に行ったり。
桜は終わってるよね、きっと。

でも、普賢象だけはまだ花が残っていました。
ふんわりときれいですね。

白野江2017


季節は春から初夏へ。
青いモミジがさわやかです。

白野江2017-2


 園内をくまなく見るのは結構大変です。
しかもいいお天気で、かなり暑い
水分を補給しつつ頑張ります
次は牡丹園に行きますよ。 

周南市徳山動物園♪

周南市美術博物館と国道2号線を挟んで向かい合うように周南市徳山動物園があります。
2月の末でしたがこの日はよく晴れたポカポカ陽気
園内は子供たちでいっぱい

その間を縫うように動物たちとあってきました。

まずはマレーグマのツヨシにご挨拶。
この日は有名な頭を抱えるポーズはしていませんでしたが
足の裏をしっかり見せてくれていました

どうやって登ったの

ツヨシ



ツヨシ君昨年の8月に29歳になったそうです。
もうすっかりおじいちゃん(なのかな)
いつまでも元気でね

ツヨシー2



こちらはキリンさん。

キリンさん



こちらはぞうさん。
動物園の2大スターだと思います

ぞうさん



ここはしばらくぞうさんがいなかったんです。
周南出身のまどみちおさんの歌碑だけを見て帰ったこともありました。

ぞうさん歌碑



コツメカワウソのご夫婦
赤ちゃんは別室でお昼寝中でした

コツメカワウソ



子供たちの笑顔と歓声があふれる動物園。
一人で歩き回るおばさんは・・・
それでもとっても楽しかったです。


おまけを一つ。
国道を渡る地下道はセンサーがついていて人がとおると
「ぞうさん」のメロディーが流れます
壁にはモザイクの動物が。
一番かわいかったワニさんをご紹介

ワニさん



ここのマンホールはサルビアですね。
サルビアは周南市の市花だそうです。
2003年に徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町合併によって
「周南市」が誕生しましたが、このマンホール「とくやま市」だ

マンホール



小さな小さな旅を終えて、新幹線で帰ります。
また来るね、しゅうにゃん市

新幹線2017




 

2月のある晴れた日に♪

冬の間は寒さに耐えてこたつむり状態でしたが
2月のある晴れた日曜日、久々のお出かけ

今回は新幹線が関門トンネルをくぐってやってきます。


関門トンネルと新幹線
 


そうです。今回は東へGO
降りたのは徳山駅。
市の名前は周南市・・・えっ、しゅうニャン市
なんだ、そりゃ


周ニャン市
 


構内にスイーツデコの作品が展示されてました。


デコボート



デコボート-2



なんでこんな展示があるかといえば、作家の渡辺おさむさんが周南出身だから。
それにしても変わったボートです。
「徳山ボート」で使われるレース用のモーターボートです。

プラレールもおいしそうにデコられてました


デコプラレール



それはそうと、なぜ徳山まで来たかというと、周南市美術博物館で開催されていた
「斎藤清の世界」展を見に来たのです。
たくさんの版画の作品を堪能しました
本物の迫力はすごいですね。
いや~、眼福、眼福

カフェでこんなかわいいラテをいただきました



サクランボラテ

 

心とお腹が満たされたところで、向かい側にある動物園に向かいました。
動物園の様子は次回に 
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ